新着情報

NEWS

2020.01.24 コラム

真珠ネックレスの買取相場が安い理由はこんなにあった。

真珠(パール)のネックレスはダイヤモンドの次ぐ身近なジュエリーとして、
冠婚葬祭やプレゼント、ファッションなど使い道は様々です。
しかし、真珠の買取相場は高くありません。その理由をコラムにしました。

真珠(パール)の買取相場が安い理由

真珠ネックレス

①養殖真珠(パール)が大量に流通

相場が安い原因は様々ですが、養殖真珠による影響が最も大きいです。

現在、中国を中心に養殖真珠が大量に流通しています。
その数は膨大で、現在流通している真珠ネックレスの殆どが養殖真珠と言っても過言ではありません。

次から次へと量産し、資源が枯渇しないため供給過多が起きてしまい、真珠の価値が下がってしまいます。

技術の進歩により、簡単に量産できるようになってしまいました。
伊賀井
伊賀井

 

②真珠(パール)は劣化しやすい

真珠は有機物なので、宝石と違って傷つきやすく、経年劣化が起きやすいです。
真珠ネックレスや真珠ブレスレットは、真珠が連なっていますから、真珠同士が擦れて傷が付いてしまいます。

汗や水にも弱いので、手入れを怠るとすぐに劣化してしまいます。

また、真珠ネックレスには糸が通してありますから、糸の劣化も起きてしまいます。
最悪の場合、糸が千切れて真珠がバラバラになってしまいます。

そういった理由から、売却時には状態が悪くなりがちです。

真珠(パール)は扱いが難しいんですよね。
伊賀井
伊賀井

真珠の劣化を防ぐ方法・使用前・使用後は、柔らかい布などで優しく拭く。
・他の宝石、アクセサリーと一緒に保管しない。
・酸性の調味料や洗剤、美容液は避ける。

 

③地金が使われている部分が少ない

基本的にジュエリーは金(ゴールド)や白銀(プラチナ)が使われていると、無名ブランドでも地金の重さでそれなりに金額が出ますが、真珠ネックレスやブレスレットには地金が使われてないモノが多く、あったとしても微々たるもの。

また、真珠ネックレスには”クラスプ”という留め具が使われている事が多いのですが、基本的にはシルバー製です。
シルバーは地金としては価値が極端に低いため、買取NGとしている買取店も多いです。

ブランド品の真珠ネックレスでも、地金が使われていない事が多いです。
伊賀井
伊賀井

買取価格が高い真珠(パール)ネックレス

お金の画像

全体的に真珠の相場は落ちていますが、まだまだ高額で取引されている真珠は沢山あります。
該当する真珠をピックアップしますね。

①ブランド品の真珠ネックレス

真珠ネックレスで有名なブランドと言えば…

タサキ
ミキモト

が挙げられますが、中でも”ミキモト”ブランドの真珠ネックレスは買取価格が高いです。
どれくらい違うかと言うと、タサキとミキモトで同じ大きさの真珠を比較するとミキモトの方が2倍以上高くなります。

ミキモトブランドの真珠(パール)は、品質がとても良いです。
伊賀井
伊賀井

②真珠が大きくて綺麗

単純に、大きくて、形が良くて、照りの良い真珠は買取価格が高いです。
小粒の真珠は買取価格が低くなります。

平均的な真珠の大きさは直径6-8mmですが、基本的には8mm以上の真珠は珍しく、そういった真珠を「大珠」と言います。
ただし、大きくても形が丸くない真珠は高くなりません。

照りの良い真珠というのは、”艶やかな輝き”のある真珠です。
真珠を見慣れている人ならば、第一印象で”照りが良い”と気付きます。

ダイヤモンドのように、鑑定をして、様々な条件を満たした真珠「花珠」「オーロラ天女」という最高級品に分類されます。

中には10mmを超える真珠もあるんですよ。
伊賀井
伊賀井

③和珠(あこや真珠)

和珠は高品質なので、買取価格が高いです。
ただ、見た目で産地を見分けるのはとても難しいので、鑑別書がないと和珠として扱われない事があります。

和珠とは?日本で採れたあこや真珠を”和珠”と呼ばれるようになった。と言われています。

中国産のあこや真珠も流通していますが、日本のあこや真珠が最高品質と言われています。

グレーやグリーンなど様々な色の真珠があります。

あこや真珠の買取価格が高いというよりは、和珠が高いので、その点だけご注意下さい。
伊賀井
伊賀井

 

なるべく高く売る方法

スマホを触る男性

基本的に買取相場は安い真珠ですが、なるべく高く売却する方法がありますので、
真珠の売却前に参考にして頂ければと思います。

①劣化する前に対策する

前述の通り、真珠は自然で作られた有機物なので、すぐに劣化してしまいます。
なので、劣化をしないように手入れを続ける事で、常に綺麗な状態を保つことができます。
やはり、状態が綺麗であればあるほど、買取価格にも影響します。

糸替えは買取店側が買い取った後にできますが、真珠が痛んでいるとどうしようもありません。
少なくとも使用後は柔らかい布で拭いた方が賢明です。

 

②付属品を揃える

ブランド品の真珠の場合は、鑑別書や保証書、箱などの付属品は揃えましょう。
特に鑑定書は紛失しないように保管しておきましょう。
付属品が揃っていれば揃っているほど、売却先に売りやすくなるので、買取価格が上がる可能性があります。

 

まとめ

  • 真珠ネックレスというよりは、真珠そのものの相場が安い
  • 希少性の高い真珠は今も高値で取引されている。
  • なるべく高く売るために、劣化する前に対策をする。
いかがでしたか?
真珠ネックレスは購入時こそ高額ですが、劣化が激しいので売却時には買取価格がかなり低くなってしまいます。なので、日頃の手入れがとても重要になります。購入前、売却前にこのコラムを参考に頂ければと思います。
伊賀井
伊賀井