新着情報

NEWS

2020.03.14 コラム

ロレックスの偽物(コピー)と本物の見分け方。【デイトナで比較】

ロレックス偽物と本物

高級ブランド時計といえば知名度No.1のロレックス。
もちろん、偽物(コピー品)も数多く出回っています。
流通量が多い分、「自分の持っているロレックスが偽物かもしれない。」と不安に思う方は多いはずです。
サンプルとしてロレックスのコピー品を用意しましたので、ベテラン査定員の経験と知識を織り交ぜながら見分け方を解説していきます。

わかりやすい部分から順次紹介していきますね。混乱を防ぐため、劣化の可能性が考えられるようなシビアな部分は省きます。
伊賀井
伊賀井

 

裏蓋に謎の「WINNER」

偽物のロレックス デイトナ

まず怪しいと思ったら裏蓋を見て下さい。
裏蓋に上記のような「WINNER ROLEX24」という表記があれば偽物確定です。

本物のロレックスにはこのような表記はありません。

わかりやすいコピー品は「WINNER」の表記がありますが、ランクの高いコピー品はこのような表記はありませんので注意して下さい。
伊賀井
伊賀井

 

何故かバンド部分に型番

偽物のロレックス

バンド部分に(本体を示す)型番がある場合は偽物確定です。

本来、本体を示す型番はフラッシュフィットに隠れています。

しかも画像のロレックスは本来16520という型番なんですが何故か116520になってます。
16520と116520の違いは微々たるものですが、性能的には116520の方が上回るからでしょうかね…

16520にはプレミアが付いているので、買取金額は16520の方が高いのに!

フラッシュフィットとは?時計とバンドを繋ぐ部分、接点。
イメージ的にはバンドの根本。

バンド部分の処理が甘い。

ロレックス偽物バンド

バンド部分の処理が甘く、持つと痛いです。
これは、本物のロレックスと比べてみるとすぐに違いを感じる事ができます。

痛いというよりは、コマ部分の角の処理が甘く、丸みを感じられないため、手に引っ掛かります。

画像は偽物ロレックスのバンド(角)を拡大したものですが、ある程度は処理されているようです。
見た目での判断は難しいですが、触るとすぐにわかります。

 

インデックスの大きさ、形が異なる

偽物(コピー品) 本物(正規品)

インデックスというのは画像の赤丸の部分です。

一般的な時計なら1~12の数字になっている部分ですね。

これの見た目が違います。

今回は大きさが異なるくらいの違いしかありませんが、中には作りが雑で、白い塗料がずれている偽物も存在します。

 

裏蓋のギザギザの加工が雑

偽物(コピー品) 本物(正規品)
偽物裏蓋 裏蓋本物

ここから少し細かくなるので、本物と偽物の画像を並べて比較していきます。

見比べて頂くとわかると思いますが、偽物の方がギザギザが雑ですよね。
触って判別できます。

ロレックスのロゴ(王冠)の形が異なる

偽物(コピー品) 本物(正規品)
ロゴ 偽物 ロゴ 本物

 

ロレックスのシンボルマークである王冠の形が違います。
特に、穴の大きさが違いますよね。
慣れてくると、肉眼でも判別できるようになります。

文字盤の文字(インク)が雑

偽物(コピー品) 本物(正規品)
ロレックス 文字 偽物 文字 本物

文字が小さいので拡大してもわかりづらいかもしれませんが、ルーペを使うとよくわかります。

偽物の方がインクが若干滲んでいるのがわかりますか?
本物のロレックスはこういった細かい部分もしっかり作られているので、文字が滲んでいることはありません。

また、文字に関する偽物の共通点をいくつかピックアップしておきます。

  • フォントが違う
  • 文字の太さが違う
  • 文字がぼやけている。
  • インクが盛り上がっていない
  • インクが滲んでいる

これらに該当するロレックスは偽物の可能性が高いです。
判定はかなりシビアですが、これらをマスターすればおおよその偽物は看破できます。

 

まとめ

基本的に偽物は作りが雑です。
スーパーコピーのロレックスでも、どこかしら雑な部分が必ずあります。

雑になってしまう理由としては、技術コストにあります。
偽物業者はなるべく安くコピー品を作らないと採算が取れなくなってしまいます。
更に、ロレックス程の技術力がないため、どうしてもどこかしら雑な箇所が出てしまいます。

見分ける力を磨くためには、”やはり本物の時計を何度も見る・触る”に限ります。

本物の時計を何度も見て触っていると、ある日突然コピー品と出会った時に、「何かおかしい」と違和感を覚えます。

ちなみにこれらの真贋は他の時計でも応用が効きます。偽物を掴まされないよう、しっかりとポイントを押さえておきましょう。
伊賀井
伊賀井